読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルはない

私は世間でいう所のミニマリストに分類されるでしょう。

映画好きでもあるだろう。音楽やフットボールも好きだ。要は多趣味なんだろうね。世間的には。

ミニマリストなので自己紹介はこれ位で事足りるだろう。ミニマリストなんだからこれ位でやめておくのが好ましいんだよね。

 

とまあ、これくらいで終わってもいいんだけれど・・・

映画好きを公言したからには感想を一つ。

最近、アマゾンプライムビデオでウォーキング・デッドを見た。アマゾンプライムビデオ便利だよね。年会費3900円でお急ぎ便も付いてくる。音楽も聞けるしね。(しょぼいけど)

映画の(と言っておきながらいきなりドラマですが)充実度もなかなかで、これで見れないものに関してはツタヤで借りる、ってな感じで映画ライフを送っています。

 

脱線しつつ映画の話(と言っておきながらいきなりドラマですが)ウォーキング・デッド。。

僕は映画ばかりでほとんど連続ドラマなるものを見ないんだけれど、まぁタダだし暇だし見てみた。

 

アレッ!! これ結構おもしろいね。基本的には気付いたらゾンビだらけ。どうやってサバイブしていくかって話なんだけど。

ちゃんと表現してくれるというか、人が死ぬ所をドラマだからって、テレビで放送してるからって曖昧にしない。この辺りはアメリカのテレビと日本のテレビに対する社会からの要請が違うってことなんだろうけど、拳銃が当たりゃあ人はぐちゃあとなって人は死ぬんだってことをちゃんと見せるってのは必要だと思う。教育的にも映画としての表現としても。

日本の表現はなんでそうなっちゃうんだろうね。表現するってのはむき出しのものを見せるってことだと思うんだけど。

 

とにかく、このドラマには僕らが想像する「ゾンビだらけの世界」がきちんと描かれているように思う。それが面白いってことだし人気を博している理由なんだろうね。

 

ミニマリストなんでこの辺りで失礼します。